FUKUOKA STUDENTS POSTER COMPETITION 2019 DEADLINE 2019.9.15SUN .AT 12:00 P.M.

福岡スチューデントポスターコンペティション2019

JUDGE... INOUE YOKO TOKYO ART DIRECTOR OTSUKA ICHIO TOKYO ILLUSTRATOR KUDO “WABI” RYOHEI SAPPORO ART DIRECTOR FUKAMACHI KENJIRO FUKUOKA PRODUCER MIZONOUE MASAMITSU FUKUOKA JAPAN AIRLINES
HOST... FUKUOKA STUDENT POSTER COMPETITION EXECUTIVE COMMITTEE CO-HOST... ASO ARCHITECTURE AND DESIGN COLLEGE KYUSHU SANGYO UNIVERSITY FACULTY OF ARTS DEPARTMENT NIPPON DESIGNER GAKUIN FUKUOKA DESIGN SCHOOL COOPERATE... KYUSHU ART DIRECTORS CLUB FUKUOKA COPYWRITERS CLUB
WWW. FUKUOKA - SPC. JP

about

この「福岡スチューデントポスターコンペティション」は、
福岡デザイン界の底上げを目的として、これからデザインを志す若者の腕試しの場として開催されます。
ポスターには一瞬で人の興味を惹き、情報を伝えるというデザインのエッセンスが凝縮されています。
ポスターに秘められた新しい魅力を存分にアピールしてください。次世代を担うデザイナーの誕生を期待しています。

winners

2019年度入賞者は10月中旬掲出予定

exhibition

未定(10月頃を予定)

2016年度
2016年9月18日(日)〜23日(金) 日本デザイナー学院 九州校
2017年度
2017年9月17日(日)〜22日(金) 九州産業大学芸術学部[アートギャラリー]
2018年1月22日(月)〜29日(月) 北海道芸術デザイン専門学校
2018年度
2017年9月15日(月)〜28日(日) 福岡グロースネクスト[ギャラリー]

entry_form

FSPC2019 応募要項

●作品受付:
2019年9月15日(日) 午前10時〜午後12時
●搬入会場:
九州産業大学芸術学部棟 17号館5階17507 [GD・IL共同アトリエ]
●応募資格:
福岡県内の大学、短大、専門学校、高等学校に在籍する学生
●募集作品:
応募者本人が制作したポスターに限る(グループでの出品は不可)
サイズはB1縦位置(縦1030mm×横728mm)
次の二つのテーマを設けます。※ただし2018年10月以降の制作作品に限ります。
①福岡プレゼン2019:みなさんの学びの場である福岡を伝えるポスターを制作していただきます。
 福岡の魅力や未来像など、福岡をどうとらえるかという視点。
 それを伝える表現の工夫。みなさんがプレゼンしたい福岡を自由に表現してください。
②自由:特に定めません。他のコンペなどへ出品された作品や、
 展覧会などで発表された作品も応募可能です。
●出品点数:
シリーズ作品は1作品3点以内。
●出品料:
出品料は1作品につき1000円。(公開審査、講評会への参加費を含む)
●各賞:
グランプリ 1作品、優秀賞 4作品、審査員賞 5作品(賞とダブル受賞可)
●審査方法:
テーマ①②の作品を同時に審査をします。
一次審査により応募作品から入選作品を決定し、
二次審査により入選作品から入賞作品を決定します。審査は全て公開で行います。
※審査会場は搬入会場と同じです。
●審査員:
井上庸子(東京・アートディレクター)
大塚いちお(東京・イラストレーター)
工藤”ワビ”良平(札幌・アートディレクター)
深町健二郎(福岡・プロデューサー)
溝之上正充(福岡・日本航空)
●応募規則:
※応募作品は、パネル貼りや額装はせず、直接持ち込みで提出。郵送での提出には対応しない。
※応募作品は、出力作品に限る。原画は不可。
※所定の[応募カード]と[ポスターラベル]に、楷書で明瞭に記入し、
 [ポスターラベル]は、作品裏面右下部に表から情報が読めるように貼ること。
※シリーズ作品も全てに[ポスターラベル]を貼ること。
entry_example
※[応募カード]と出品料は応募作品と一緒に提出すること。
※出品者は、作品提出と同時に展覧会の報道、広報、記録の材料としての
 作品の写真撮影と印刷複写、Webサイト等での作品画像使用を、主催者に対し認めたものとする。
※応募作品が、他人の諸権利に抵触するとの疑惑が生じた場合、
 発表後であっても入選・入賞を取り消す場合がある。
※入選、入賞した方は、後日データの提出をお願いします。(JPEGデータ 縦200mm/350dpi)
※入選、入賞した作品は返却しません。
※落選作品は出品者の直接引取りで返却する。郵送での返却には対応しない。

▶▶▶▶ [応募カード][ポスターラベル][領収書] ダウンロード

●詳細日程
2019年9月15日(日)
10:00〜12:00 作品受付( 出品料、応募カード )
13:00〜16:30 審査開始→入選作品の決定→賞の決定→講評
17:00〜18:00 授賞式

judge

  • 井上庸子の写真

    井上庸子

    Inoue Yoko

    アートディレクター・グラフィックデザイナー
    武蔵野美術短期大学専攻科グラフィックデザイン専攻卒業。1987年株式会社サン・アド入社、2000年よりフリーランス。主な仕事:dansko 広告、LONG TRACK FOODS ロゴ・パッケージ、福岡市美術館 シンボルマーク・ロゴタイプなど。東京TDC、JAGDA、東京ADC会員。

  • 大塚いちおの写真

    大塚いちお

    Otsuka Ichio

    イラストレーター・アートディレクター
    1968年新潟県上越市生まれ。 イラストレーターとして、広告やパッケージ、出版など数多くの仕事をこなし、アートディレクターとして、広告や、テレビ番組のキャラクターデザイン・衣装・セット・タイトルロゴなど番組全体のデザインに携わる。担当番組にNHK Eテレ「みいつけた!」など。Jリーグ川崎フロンターレのファミリーアートディレクターとして、グッズやイベント関係のデザインを担当し、2015年シーズンユニフォームをデザイン。2018年にNHK 連続テレビ小説「半分、青い。」オープニング映像のイラストを担当。2005年東京ADC賞受賞、その他カンヌライオンズや D&AD awardsなど海外の受賞も多数。東京造形大学特任教授。(281words)

  • 工藤”ワビ”良平の写真

    工藤”ワビ”良平

    Kudo”wabi”Ryohei

    1963年函館生まれ。北海道綜合美術専門学校卒。プロダクション、広告代理店を経て、デザ院株式会社設立。1999年、中西“サビ”一志とのデザインコンビ「ワビサビ」を結成。広告から、グラフィック、映像、インテリア、ファッション、バンドまで多方面で活動中。ニューヨークADC銀賞、世界ポスタートリエンナーレトヤマ金賞、JAGDA賞他受賞多数。

  • 深町健二郎の写真

    深町健二郎

    Fukamachi Kenjiro

    1961年(昭和36年)12月22日福岡市生まれ。9歳のときにビートルズの音楽に出会って以来、中学・高校・大学生活を通じてバンド活動に明け暮れる。大学時代は、同じ福岡出身の陣内孝則氏等 と親交を深め、ロッカーズ解散後に同ギタリストの谷信雄氏と共に「ネルソープ」を結成。デビューの話もあったが、条件が合わず、それを機に解散。そして帰福。
    ○FreeStyle Inc. CEO ○プロデュース:福岡ミュージックマンス(総合プロデューサー)、Sunset Live(共同プロデューサー)、音楽・イベント・企画・広報全般 ○タレント・執筆:TV(KBC「アサデス。」、RKB「今日感テレビ」など)、Radio(RKB「オトナビゲーション」、LOVE FM「オトナマチアソビ」など)、執筆(日本経済新聞「アプローチ九州」など) ○教育・講演・ほか:日本経済大学 教授(経営学科芸能マネジメントコース)、地域活性推進、エンターテインメント、音楽文化都市づくり活動など。

  • 溝之上正充の写真

    溝之上正充/日本航空

    Mizonoue Masamitsu

    1985年日本航空入社。空港、客室、運航部門といった現場部門を経験した後、経営企画室、秘書部、シンガポール支店長などを歴任。2011年から2016年までは広報部長として経営再生過程のJALへのメデイア対応に追われる他、経営破綻で毀損した企業ブランド価値の向上に向け尽力。2016年からは九州・山口地区支配人を務め現在に至る。